な・は
 
 

歯の構造

◆歯の構造と名称



○エナメル質
歯の表面の一番硬い部分です。虫歯に対する抵抗力の最も強い層です。

○象牙質
エナメル質の下にある歯の大半を構成する層です。根っこの部分まであります。

歯髄
一般に神経といわれているところです。この中には、血管・リンパ管・神経線維などがあり歯に栄養を与える大切な役目をしています。

○歯肉(歯ぐき)
歯を支えている骨(歯槽骨)を被って保護するピンク色の粘膜です。歯肉は歯を守る役目も担います。

歯根膜
歯の根っこと歯槽骨(歯を支える骨)の間にある薄い膜のことで歯の根っこと骨をつなぐ役目をしています。
一般に歯が浮く、かんで痛いという症状にこの歯根膜が炎症を起こしている場合が多いのです。

歯槽骨
歯を支える顎の骨のことを言います。
歯肉が炎症を起こして化膿してくるとこの歯槽骨が溶けてきます。これが歯周病です。




 
目次に戻る