ま・や
 
 

虫歯

◆虫歯とは・・・
当然、「しみる」「噛むと痛い」などの症状が出てきます。特に「つめたいもの」よりも「あついもの」がしみる場合は要注意!神経の炎症が強いか、炎症が強い為に、神経が死んでしまい、根の先(顎の骨の中)に膿がたまっている事もあります。
(歯の構造を見る)

◆虫歯の進行・・・
一般に「虫歯」はその症状の進行度合いによってC0〜C4に分けられます。

C0 エナメル質が解け始め、虫歯になりやすい状態です。
治療の必要はありませんがフッ素や歯ブラシなどをすることで元に戻る可能性があります。
C1 エナメル質のみに虫歯があります。
エナメル質には、知覚が無いのでほとんど痛みを感じません。
C2 虫歯が象牙質に広がり、
冷たいものや、甘いものがしみたりします。
C3 虫歯が神経(し歯ずい髄)まで進み、絶えず激痛に悩まされます。神経をとって根っこの治療をします。
C4 歯の根の先まで、虫歯が進み根の先が化膿し、歯根膜炎を併発しているとかんだときに痛く根の先にウミの袋ができていることが多くあり、治療は困難です。
歯を抜くこともあります。


目次に戻る